WAREKO式 完全自動生成


パスワード生成のページ


パスワードに使う文字




文字オプション

文字数お勧めのパスワード
5N8O1l
6N8O1lR
7N8O1lRU
8N8O1lRUK
9N8O1lRUKs
10N8O1lRUKs4
11N8O1lRUKs4S
12N8O1lRUKs4S8
13N8O1lRUKs4S8n
14N8O1lRUKs4S8nk
15N8O1lRUKs4S8nk3
16N8O1lRUKs4S8nk3G
17N8O1lRUKs4S8nk3GQ
18N8O1lRUKs4S8nk3GQ9
19N8O1lRUKs4S8nk3GQ9O
20N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OY
21N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYp
22N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ
23N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8
24N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8b
25N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bA
26N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf
27N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf0
28N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06
29N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06C
30N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06Cs
31N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06Csj
32N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjW
34N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCm
35N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu
36N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9
37N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9F
38N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9Fz
39N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF
40N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0
41N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0I
42N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IV
43N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVK
44N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKM
45N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMF
46N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFh
47N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhR
48N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRk
49N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkP
50N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu
51N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2
52N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F
53N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8
54N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8n
55N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZ
56N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZo
57N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoz
58N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZozn
59N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq
60N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6
61N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6R
62N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN
63N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7
64N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7z
65N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7zK
70N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7zKvv0qu
75N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7zKvv0qu1QuOF
80N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7zKvv0qu1QuOFJEmLS
85N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7zKvv0qu1QuOFJEmLSDFgIq
90N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7zKvv0qu1QuOFJEmLSDFgIqUNPD6
95N8O1lRUKs4S8nk3GQ9OYpZ8bAf06CsjWCmu9FzF0IVKMFhRkPu2F8nZoznq6RN7zKvv0qu1QuOFJEmLSDFgIqUNPD69S98Y
1001RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDS
1051RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORW
1101RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCj
1151RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700n
1201RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4X
1251RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9w
1301RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR
1351RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjF
1401RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTF
1451RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2
1501RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE
1551RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft
1601RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU2
1651RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7ke
1701RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl1
1751RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3
1801RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66c
1851RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L
1901RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8
1951RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORC
2001RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJ
2051RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6
2101RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcf
2151RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sL
2201RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10Ob
2251RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10ObkRQdS
2301RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10ObkRQdS1VccR
2351RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10ObkRQdS1VccR1JTmk
2401RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10ObkRQdS1VccR1JTmk97N09
2451RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10ObkRQdS1VccR1JTmk97N095aOAb
2501RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10ObkRQdS1VccR1JTmk97N095aOAbSyW5a
2551RDbXSJItAfdnQrHhEyMheR0bNFBmzpJlNKSz5Vv14BYoc0VqnB2VXMN0C0AD8VtLMrP6OHcj2LdTsCzMkKzonnE1wRn5KhtYHDSkaORWZITCju700nTnW4XYdO9wTWPLR5BfjFlLtTFUK2H2Kn5WE61Dft7CEU22t7keiSGl17t3p3Ea66cgRs7L3y0p8Z6ORCbCHcJsWJV6CyNcfW67sLb10ObkRQdS1VccR1JTmk97N095aOAbSyW5aZCs1Z

パスワード管理のコツ

パスワード管理には各種の方法があります。

● 各種パスワード管理手法の比較

  • 専用の管理ソフトを使う(有料製品)
  • 専用の管理ソフトを使う(フリーソフト)
  • クラウドに保存しておく(有料、無料)
  • ファイルに保存しておく(メモ帳、エクセルなど)
  • 紙に書いておく
  • 記憶しておく
これらの手法のメリット、デメリットを比較してみました。
パスワード管理手法 長所 短所
1 有料製品 口コミなどで評判の良いソフトなら信用出来る。一括管理できるので便利。 操作方法を覚える必要あり。そのソフトを使うためのパスワードを覚える必要あり。 マカフィー リブセーフ 3年版 ※家族全員、何台でもインストールOK
2 クラウドサービス クラウドに保存すると一元管理出来て、自宅、会社、外出先などで利用出来るので便利。 インターネット上にデータを保存する訳なので、100%安全とは言えない。そのサイトがハッキングされないと言う保証は無い。 無料クラウドサービスの例
ノートンIDセーフ
まあノートンのサイトがハッキングされる可能性は極めて少ないと思うが。
3 ファイルに保存 パソコン、タブレット、スマホなどでファイル保存すれば良いのでお手軽。 パソコンがウイルスに感染するとパスワード保存ファイルを盗み見られる可能性もある。
4 紙に書く ウイルスに感染する可能性は無いので安全性は高い。 紛失、書き間違いが発生し易い。複数パスワード管理や長い桁数のパスワード管理が困難。
5 記憶する 記憶力が良ければ、最も安全な方式。 パスワードを忘れたら、再発行の手続きなどが煩わしい。現実的には、記憶力抜群の一部の人しか使えない。

● お勧めのパスワード管理手法

私の場合は、ファイルにパスワードを保管しています。
具体的には、下図のように[情報フォルダ]というような名前のフォルダを作成しておいて、その中に各種のサイトのサブフォルダを作成します。
それらのサブフォルダの中には、メモ帳で作成したテキストファイルがあり、ユーザーIDやパスワードを記録しています。
また、必要なら、どのクレジットカードを登録しているとか、ログインするサイトのアドレスなども記載しています。
なお、クレジットカードの番号などは、万一ファイルが盗み見された場合には危険ですので記載はしていません。

ファイルに保存すると危険ではないのか?

それもテキストファイルに。
確かに、パソコンにテキストファイルでパスワードを保存するのは危険性が高いです。
もしウイルスやスパイウェアに感染すると、そのファイルを盗まれる可能性があります。ウイルスの中には、ファイル名や中身のデータを調べて、 パスワードやクレジットカード番号、銀行・証券会社などの口座番号などの情報が保存されているファイルを見つけ出すように作られている物も有るようです。
なので、[情報フォルダ]などと名前を付ける事は危険性があります。
また、テキストファイルの中に "パスワード" とか "password" などの文字を書くのも危険ではあります。

● 私のパスワード管理方法

サイト訪問者のみなさんにのみ特別公開です。
私の場合には、上記の通り、フォルダやサブフォルダに分けて各サイトのパスワード、ユーザー名などの個人情報を保存しています。
パスワードの生成は、もちろん本ページのオンラインパスワード生成機能を使っています。
重要な点は、それらのフォルダはパソコン本体のハードディスクには保存しません。
USBメモリに保管しています。
パスワードの入力が必要になった場合にのみ、USBメモリをパソコンに挿して、そこから情報を取得して、コピーペーストでブラウザーのログイン画面の入力欄に貼り付けて利用します。
使い終わったらUSBメモリは抜きます。
これらな、万一パソコンがウイルスに感染してもパスワードファイルを盗まれる可能性は極めて少ないですから安心です。

● 自動暗号化機能付きUSBメモリー

もし、この

テキストファイル + USBメモリー保存方式

でも不安な人は、自動暗号化機能付きUSBメモリーがお勧めです。
保存したデータを自動暗号化して保存するので、紛失や盗難に遭っても安心です。
Eaget USBメモリ USB3.0 キャップレス Windows/Mac用のフラッシュメモリ(防水、防塵、暗号化データ安全) U90(32GB) BUFFALO 指紋認証/自動暗号化機能搭載 セキュリティ USBメモリ 2GB RUF2-FHS2G イメーション USBメモリ 8GB 暗号化プロテクション・ソフト搭載 回転式キャップ NANO-f ブラック UFDNFE8GBK
二番目の製品は、指紋認証式という高度な認証方式を採用しています。
いずれにしてもUSBメモリー方式なら、インターネットのクラウドサービスも利用しませんから、ネットに個人データが流出する危険性はまず有り得ません。

まとめ

と言う事で、私のお勧めのパスワード管理手法は、
  • フォルダやサブフォルダに各サイトのユーザーIDやパスワードを分類して保存。
  • 自動暗号化機能付きのUSBメモリーにそれらのデータを保管。
  • 万一そのUSBが故障・紛失した場合を想定して、USBメモリーを二台使うと良い。
  • 一台は通常に使用する。もう一台はバックアップ用として、机の引き出しや金庫に保管。
これが、私が長年の経験で編み出した最も安心でかつお手軽なパスワード管理手法です。
この方法では、インターネット接続を必要とせず、クラウドサービスにデータを保存する必要もないので、保管サイトがハッキングされてデータが流出するなどの事件・事故が起こっても全く影響が有りません。 また、使う度に毎回USBメモリをパソコンに抜き差しするのが煩わしい人は、この暗号化機能付きのUSBメモリなら常時挿しっぱなしでも安心でしょう。
以上、ご参考にして下さい。

本ページは十分テストして作成していますが、万一間違いなどの可能性もありますので他の手段を用いてご自身でもご確認下さい。もし間違いなどありましたらご連絡下さい。
本ウェブサイトは、最新のプログラミングテクノロジーを駆使して、完全自動作成しています。

VISITORS: 219