All Maps StreetView Extensionのヘルプ



概要

ご注意(2016年3月3日)

2016年2月6日に発表して以来、大変ご好評を頂いています All Maps StreetView Extensionでありますが、

利用者の皆さんから『地図が出ない場合が有るが、どないなってんねん?』と言うお問い合わせがあります。

動作がおかしい場合は、

ストリートビューウインドウでCTRL+F5

地図ウインドウでCTRL+F5

を実行すると治る場合が有ります(Windowsの場合)。他のOSをご利用の場合は、これに相当する同じ操作をお試し下さい。

一回でダメなら、二、三回CTRL+F5を繰り返してみて下さい。

CTRL+F5は強制リロードあるいはスーパーリロードという操作で、WEBサーバーから最新のデータを読み込みます。

CTRL+F5

さて、

All Maps StreetView Extensionをご利用頂きましてありがとうございます。

All Maps StreetView Extensionが組み込まれたブラウザで主要な地図サイトを開くと、エクステンション機能が地図を検出し、ストリートビュー表示機能が自動起動します。

ストリートビューウインドウは、地図に対して、その上下左右の位置に自動で配置されます。

設定を行うとその位置を指定する事も可能です。

例えば地図の上にストリートビューウインドウを配置すると、Googleマップのクラッシックスタイルに良く似た配置に出来ます。

現在のところ、本エクステンション機能は、以下の四つの地図サイト対応しています。

Googleマップ
Yahooマップ
Bingマップ
国土地理院地図(日本)

今後、他の地図サイトにも対応予定です。

技術的には、任意の地図サイトでも、本エクステンションの機能を使ってストリートビュー化する事が可能です。

ただし、地図サイト側のプログラムを改造する必要がある場合があります。

MapFan や Navitime や Mapion などの地図サイトに関しましては、私の長時間に渡る猛烈な努力にもかかわらず、今のところ対応出来ていません。



作者の紹介

Wareko

このエクステンション機能は、作者が一人で作成しています。

作者は使い易いWEB地図サイトを作成して世界平和に貢献したいと思っています。

作者公式サイト

http://www.wareko.jp/

作者ブログ われこわれこ

http://www.wareko.jp/wordpress/



主な機能

自動地図検出
ブラウザに組み込まれたエクステンション機能が地図を検出すると、ストリートビュー表示機能が自動起動します。
対応しているブラウザ(2016/3/3現在)
Chrome
Opera

Operaへのインストール方法はこちらを参照下さい。

All Maps StreetView Extension – Operaでも動作しました

地図上にペグマン(黄色い人のアイコン)を表示
自動的に表示されます
もしペグマンを非表示にしたい場合には、  pegman  ボタンをクリックして下さい。繰り返しクリックすると、表示がトグルします。
地図とストリートビューの連動
地図をマウスドラッグで移動すると、それに連動して、ストリートビューウインドウの景色が移動します。
ただし、ストリートビューの景色が撮影されている道路上でないと連動しません。
逆に、ストリートビュー上で場所を移動すると、地図上のペグマンが移動します。


注意事項

ペグマン位置の誤差
数メートル程度の誤差が出る場合があります。
ペグマンのドラッグ移動に関して
ペグマンは地図上でドラッグ移動は出来ますが(Yahoo地図は除く)、ペグマン着地地点のストリートビューは表示しません。
その場合に、ストリートビューに表示されるのは、あくまで地図の中心位置のストリートビューです。
ストリートビューウインドウが出ない場合の原因と対策
正常に動作している場合には、ブラウザで地図を表示すると、地図の自動検出機能が動いてストリートビューが表示されます。
ストリートビュー表示されない場合

考えられる原因

  • 本エクステンションが対応していない地図サイトを開いている。
  • ネットワーク回線速度が遅くて、地図起動に数秒以上掛かっている。

対策

  • 多くの場合は地図を再読み込み(CTRL+F5)を実行すると解決します。

それでも解決しない場合

  • 恐れ入ります、その地図サイトのURL、ご使用OS、ご使用ブラウザ種類を、作者にお知らせください。


セキュリティ

このエクステンションのセキュリティについて
本エクステンションを実行すると、外部サイトでストリートビュー表示を行います。
具体的には、以下のサイトです。
  • www.wareko.net
本エクステンションは、上記サイトとの間で双方向にデータ送信を行います。
送信されるデータは、ストリートビュー表示に必要な位置情報のみです。
それ以外の一切の個人情報は送信していません。
具体的には、以下に示す情報は一切送信していません。
  • 利用者さんのIPアドレスは送信されません。
  • 利用者さんの現在地情報は送信されません。
  • 利用者さんのパソコンに保管されているデータなどは送信されません。


ストリートビューウインドウのスタイル

ストリートビューウインドウのスタイルを次の三種類のスタイルから選択する事が可能です。

タブ有り、アドレスバー有り(通常のスタイル)
このスタイルは、ブラウザのタブとアドレス欄を持つ通常のスタイルです。
タブ無し、アドレスバー有り
このスタイルは、ブラウザのタブを持たないがアドレス欄を持つスタイルです。
タブ無し、アドレスバー無し
このスタイルは、ブラウザのタブやアドレス欄も持たない、簡素なスタイルです。

それぞれのスタイルの例

1. タブ有り、アドレスバー有り(通常のスタイル)

2. タブ無し、アドレスバー有り

3. タブ無し、アドレスバー無し



最初に表示するサイズと位置

ストリートビューウインドウを表示する位置を指定する事が出来ます。

右の入力欄で値を指定
 現在値を取得  ボタンをクリックすると、現在表示されているストリートビューウインドウの位置とサイズが取得出来ます。
単位はピクセルで指定します。
前回終了時の状態
 前回値を確認  ボタンをクリックすると、前回終了時に保存している位置とサイズでストリートビューウインドウが表示出来ます。
地図ウインドウの上に開く
下図で説明
地図ウインドウの下に開く
下図で説明
地図ウインドウの左に開く
下図で説明
地図ウインドウの右に開く
下図で説明
自動で余白を検出する
地図ウインドウの上下左右にある余白を調べて、最も広い場所にストリートビューウインドウを自動配置します。
注意:このオプションが選択されている場合には、ブラウザのF11キーを押して地図ウインドウの全画面表示を実行しても、元に戻ってしまいます。
上下左右に開くオプションを選択している場合も同様です。
対策としては、値を指定するオプション(第一番目)を選択するか、あるいは、画面中央に表示するオプション(末尾)を選択して下さい。
あるいは、ストリートビューウインドウを閉じれば解決します。
一旦閉じたストリートビューウインドウを改めて表示したい場合には、地図ウインドウでF5キーを押して再読み込みをして下さい。
画面中央に固定サイズで開く(600x400)
自動で余白を検出したにもかかわらず、十分な余白が無い場合には、ストリートビューウインドウを画面中央に配置します。

ウインドウを上下左右位置に開く場合の例

3. 地図ウインドウの上に開く

4. 地図ウインドウの下に開く

5. 地図ウインドウの左に開く

6. 地図ウインドウの右に開く

注意

地図の上下左右に表示する場合に、もし余白が無い場合には表示出来ません。

その場合には、画面中央にストリートビューが表示されます(下図)。

作者は単一ディスプレイ環境で開発しているので、複数ディスプレイ環境ではプログラムの動作確認が出来ていません。

二枚以上のディスプレイをお使いの方は、このエクステンションが正常に動作するかどうか御教え下さい。

もし複数ディスプレイ環境においてプログラムが問題のある動作をする場合は、修正したいと思います。

地図の右側に十分な余白が無い場合の例

その場合には、ストリートビューウインドウを画面中央に開く



ウインドウのサイズと位置

この四つのパラメータは、前節で「右の入力欄で値を指定」を選択した場合に利用します。

高さ
上位置
左位置

高さ

上位置

左位置

各入力欄はピクセル単位で指定して下さい。

 設定を確認する  ボタンをクリックすると、この四つのパラメータで指定した位置にストリートビューウインドウを表示します。



ストリートビューウインドウの配置方法

二通りの配置方法があります。

地図の余白部分に開く
自動配置50:50で開く

それぞれの表示位置の例

ストリートビューウインドウを地図の右側に開く設定の例

1. 地図の余白部分に開く

2. 自動配置50:50で開く

地図の右側の余白部分にストリートビューウインドウを表示します。

もし、十分な余白が無い場合には、画面の中央に表示します。

地図とストリートビューウインドウを、画面の半々に表示します。

ストリートビューウインドウを地図の左側に配置する場合も同様です。

ストリートビューウインドウを地図の上側に開く設定の例

1. 地図の余白部分に開く

2. 自動配置50:50で開く

地図の上側の余白部分にストリートビューウインドウを表示します。

もし、十分な余白が無い場合には、画面の中央に表示します。

地図とストリートビューウインドウを、画面の半々に表示します。

ストリートビューウインドウを地図の下側に配置する場合も同様です。



ストリートビューウインドウの幅(高さ)の揃え方

幅(高さ)を地図に揃える
幅(高さ)を最大化する

それぞれの表示位置の例

ストリートビューウインドウを地図の右側に開く設定の例

1. 高さを地図に揃える

2. 高さを最大化する



ストリートビューウインドウを地図の上側に開く設定の例

1. を地図に揃える

2. を最大化する



その他の設定

移動後に音を出す
マウスで地図をドラッグ移動して、ストリートビューウインドウの位置が変更された時点で音を出します。
自動でボタンの表示・非表示を行う
ストリートビューウインドウの上部に、幾つかの操作ボタンが有ります。
それらのボタンの表示状態を次の二つから選択可能です。
  • これらのボタンを常時表示しておく。
  • これらのボタンは通常は非表示状態にされていて、マウスが近づいた時にのみ表示する。
地図のサイズ変更後に自動再配置を実行する
地図のウインドウサイズが変更された直後にウインドウの再配置を行うかどうかの設定です。以下の二つの設定を選択出来ます。
  • 何もしない。
  • 地図ウインドウやストリートビューウインドウの位置・サイズの再調整を、設定情報に基づいて行う。

注意:

この設定をオンにした場合は、地図ウインドウのサイズ変更で、ウインドウの再配置が行われます。

一方、ストリートビューウインドウのサイズ変更では、何も起こりません。

自動再配置出来なかった場合にメッセージウインドウを表示する
自動再配置出来なかった場合には、ストリートビューウインドウは画面中央に表示されます。
その場合には、地図ウインドウを適切な位置に移動した後で、ウインドウを少しリサイズすると自動再配置が再実行されます。
あるいは、地図ウインドウを適切な位置に移動した後で、ストリートビューウインドウにある  realign ボタンをクリックして下さい。
地図の位置移動後に自動再配置を実行する



改定履歴


初版 v1.0用 2016年2月6日

  • 初版発行。

改定 v1.1用 2016年3月3日

  • Operaへのインスール方法など追加。
  • Yahooマップの未対応だったドメインに対応した。
初版で対応 http://map.yahoo.co.jp/maps?
今回対応した http://map.loco.yahoo.co.jp/maps?
今回対応した http://maps.yahoo.co.jp/maps?
今回対応した http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?


ここが末尾です。




  • 会社概要
  • 投資家情報
  • 社会的責任
  • 企業行動憲章
  • 広告掲載について
  • 採用情報
  • 利用規約
  • セキュリティーの考え方
  • プライバシーポリシー
  • 免責事項

Copyright (C) 2016 wareko.net    All Rights Reserved.